A10N-9830E を買ってみたよ!

スポンサーリンク
a10n-9830e レビュー自作PC

物欲に負けて購入しました!

このMBはCPUとMBが一体になっててるんですよー!

性能はこんな感じ

BIOSTAR A10N-9830E スペック・仕様
■最安価格(税込):価格情報の登録がありません ■価格.com売れ筋ランキング:-位 ■満足度レビュー:4.25(7人) ■クチコミ:9件 (※2月16日時点)

価格.comより参照

で!何が凄いかというとお値段!

価格.comでのお値段は最安でも10,980円!

しかし!難波ドスパラ店舗だと5940円!

MBとCPUセットでこのお値段は安いなと思って買っちゃいました! (・ω<) テヘペロ

レビュー

  • 【良かった点】
  • 価格が安い!
  • Mini-ITXサイズ
  • PCIexpressでグラフィックボードなどが搭載可能
  • M.2 SSD対応
  • 省電力!!
  • 【悪かった点】
  • 他の方のレビューもあったようにFANが煩い。
  • FANの回転数を変更しても、温度が急激に上がったりして色々と苦労する
  • デュアルメモリにすると変換アダプタがメモリ2枚にあたり装着できない。
  • 省電力ではあるが、発熱はまぁまぁする。

といった感じです!

組んだ状況

【スペック内容】

  • MB:A10N-9830E
  • メモリ:DDR4-2666 PC4-2666
  • ストレージ:WesternDigital SSD WD Blue SN550シリーズ NVMe M.2 2280 500GB
  • 電源:CORE-SFX300
  • PCケース:JNC MBOX-01
  • FAN:Noctua NF-A6x25 FLX 60x60x25mm
  • FANコネクタ変換アダプタ:オウルテック SATA電源コネクタからFAN用電源4分岐ケーブル
  • OS:Window 10 64bit

となっています!

常用しやすいようにグレードアップしてみる

まずはもともと塗布されていたCPUグリスをMX-4に変更してみました!

「グリスがピカピカになってるのかなぁー」と思ってたんですが、粘土もあって問題なさげでしたが。

分解したので、パーツクリーナーでふきふき。

MX4を塗布します。

あとはCPU FANをNoctua NF-A6x25 FLX 60x60x25mmに変更。

組み上げていきます。

ではシネベンチR23で回してみた感じはこの温度になってます!

Noctua NF-A6x25 FAN凄い・・・・・( ³ω³ )めっちゃ静かで尚且つ冷やせることがいいですね。

使用してみた感想

性能は主にyoutubeやブラウジングなどには不足なくできますね!(さすがに画質を4Kにしたら無理)

unityでのちょっとした作業も問題なさそうです!

まぁこれでグラフィックボードを足してマイニングするのもいいかもしれませんねぇ・・・

ただ、マイニングの影響でグラフィックボードの新・中古がどのサイトをみても軒並みになかったりするのでお安く買えなくてぐぬぬ( ´ᾥ` )

失敗した改造

色々とこのMBで改造している方々をみて、変換アダプターを実際にかってみたりしたのですが・・・

自分の許容してる温度を超えているので今回は没しました内容になります。

FANアダプタ:60→80にさらに80から120に変換アダプタをつけてみたが。

メモリスロットが1つ使用できなくなります。(背の低いメモリならば可能か?)

そしてシネベンチで温度を計測してみた結果

温度はMAX92℃ アイドル時でも大体45℃付近でウロウロしていました。

ベンチ中に風の通りがあるかなーと思って手をかざしたのですが。

全然 風を感じなかったですね、温められた空気が感じれました。

FANの騒音もとても静かでいいのですが、この温度に達しやすい状況はなぁ・・・

と思った次第です!

あとがき

でも、こうやって色んな構成で楽しめるのも自作PCの醍醐味ですかね!

何度も分解したり、組み立てる手順を間違えるとケーブルが刺さらなかったりw

サイズも色々と合って、対応できない場合もあったりするときはやっちまったなぁと落ち込んだりと( ^ω^)<このパーツ代金でグラボ買っておけばよかったなぁ!

とか色々とですが、今回組み上げたPCはそれなりに気に入ってます!

またNR200Pも組み上げたので、上げていきますのでよろしくお願いいたします。

ではまたねー(*´ω`*)良き自作PCライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました